読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・デジタリアンの散歩道

デジタリアンが取材したデジタルなニュースをお届けしています。

シャープ、洗えてテレビも見られるホームタブレット「AQUOS ファミレド」  発売

◆キッチンでネットのレシピを見ながら連ドラも見たいー。ついでにLINEで会話もなんて欲張りなニーズを満たしてくれるのが、シャープが2015年11月15日から発売するテレビ機能付きホームタブレットAQUOS ファミレド(HC-16TT1)」である。WiFiに接続して家の中どこでもテレビ番組が見られるし、防水タイプなのでキッチンや風呂など湯水を使うところでも使用できる。画面サイズは汎用タイプのタブレットでは最も大きな16型で、OSはAndroid4.4.4を搭載している。市場想定価格は9万円前後(税別)。

 

f:id:sozaki:20150925193848j:plain


洗えるテレビ機能付きホームタブレット

AQUOS ファミレドはタブレットの売り場ではなく、小型テレビの売り場で展開していきたい」

シャープ・デジタル情報家電事業本部液晶デジタルシステム第一事業部の宗俊昭広事業部長は、このように話した。

家族でつながるディスプレイを目指して、個人志向の情報機器ではなく「ファミリー層をターゲットに販売する」というのである。

 

タブレット本体には約5時間使用できるリチュウムイオン充電式電池を内蔵し、同梱のチューナーをWiFiルーターに接続することで地上デジタル/ BS・110度CS放送を見ることができる。パネルのタッチ操作で選局や録画(USB-HDDに録画)予約ができる。

f:id:sozaki:20150925193941j:plain

同梱のテレビチューナーをWiFiルーターに接続してテレビを視聴

 

テレビ画面を長押しすることで画面を小さくして、同時にアプリを利用することができる。キッチンで連ドラを見ながら、クックパッドのレシピを見て料理を作ることができるのである。防水性に優れており汚れた画面を蛇口から流れてる水で洗うことができるほか、「お風呂テレビ」として風呂でも使用できる。

f:id:sozaki:20150925194159j:plain

Bluetooth機器と連携してキーボードやスピーカーをコードレスで使える

 

Android4.4.4対応のアプリをダウンロードできるので、メールや音楽、ゲームも楽しめる。Bluetooth機器と連携できるので、対応キーボードを使った文字入力や対応スピーカーで音質を高めることが可能。電話機能はないが、スカイプやLINEなど電話系アプリをダウンロードすることで通話などができる。

f:id:sozaki:20150925194254j:plain

家族でシェアするホームタブレット

 

シャープでは小型テレビの市場は年間20万台と推測している。とりわけ入浴中の利用傾向がこのところ増えるなど、同社は今後、小型テレビはひとつの商品カテゴリーとして確立されるものとみる。ただ若年独身者などへ向けて「買いやすい商品ラインアップを増やすことも検討している」(宗俊事業部長)という。

f:id:sozaki:20150925194221j:plain

宗俊昭広事業部長

 

タブレットはホワイト、ブラックの2タイプ。本体の大きさは幅39.5×奥行き2.4×高さ25.4センチ、重さは約1.9キログラム。チューナーの大きさは幅15.3×奥行き17.2×高さ4.8センチ、重さは約0.3キログラム。