読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・デジタリアンの散歩道

デジタリアンが取材したデジタルなニュースをお届けしています。

シャープ、プラズマクラスタエアコンXシリーズを12月11日から発売  吹き出す風に含まれるカビ菌を約99%カットする「風クリーンシステム」を搭載

◆シャープが自社のエアコンに、エアコンの運転中はエアーフィルターでホコリをブロックし、停止後は湿度をカットして内部洗浄して、ホコリや湿気、空気の停滞などカビ発生の要因を防ぐ「風クリーンシステム」を搭載したのは2015年度の新製品からだった。それをさらに進化させたのが12月11日から順次発売するプラズマクラスタエアコンXシリーズ。吹き出す風に含まれるカビ菌を約99%低減して清潔な風を送り出すことができる。高濃度プラズマクラスター2500の働きによってカビ菌の増殖も抑制する。

 

f:id:sozaki:20151116085635j:plain

パーツを取り外して水洗いもできるプラズマクラスターエアコンXシリーズ

 プラズマクラスタエアコンXシリーズは、カビが発生しやすい温度や湿度になると、自動的にファンが逆回転し、高濃度プラズマクラスターイオンが充満してカビ菌の発生を抑制させる。「風クリーンシステム」を搭載していない機種と比べて、吹き出す風に含まれるカビ菌を約99%低減するため、床面まで高濃度プラズマクラスターイオンを届け、カーペットにしみついた汗のにおいなどを消して、部屋の空気を浄化する。


 搭載する「風クリーンシステム」はエアコン内部を清潔に保つ効果があり、従来よりも進化している。そのひとつが掃除アシストブラシを新たに追加していることだ。それによってエアーフィルターの内側に入り込んだほこりや油汚れを押し出して、ほこりをブロックしてくれ。
 シャープは「フィルターの自動掃除で当社従来比約1.3倍のほこりがとれる」としている。

f:id:sozaki:20151116085659j:plain

上下両開きのロングパネルによる気流制御は不快な温風も制御してくれる

 エアコン内部にほこりや汚れがたまると、風の流れが滞って、送風時に余分な電力を消費することになる。その送風時の無駄な電力を抑え、同システムを搭載しない機種と比較すると消費電力を約1.7%も低減する。


 また、室内機の吸い込み口を拡げ、送風ファンを大きくすることで送風効率がアップしたことで、省エネ性能が同社比約5.8%向上させている。

 

 プラズマクラスタエアコンXシリーズはさらに、パーツを取り外して水洗いできるのも大きな特徴だ。同社によると「エアコンを自分の手で手入れしたい」という人は26%で、「したいと思ったことがある」という人たち45%を加えると7割以上が手入れを希望している。
 さらに「水洗いしたい」人は21%で、「できればしたい」といった人たちは61%もあり、8割を越す人たちがパーツの水洗いといったニーズを持っている。

 新製品はパーツを簡単に取り外して水洗える作りにしている。吹出し口周辺のルーバーは業界で唯一、完全に取り外せるようにしているほか、手入れの手順を本機が音声で教えてくれるほか、手入れ方法を紹介する動画をスマートフォンなどで確認することもでる。

f:id:sozaki:20151116085715j:plain

エアコンの業界需要動向の推移(シャープ予想)


 独自のロングパネルを従来の機種と比べて122%大きくしたことで、温風を足もとまで届けることができる。最高足元温度は従来が41℃だったのに対して、42.5℃にまで高めている。

 このほかにもシャープ独自の上下両開きロングパネルによって気流を制御して、冷房時は部屋全体を均一に冷やし、暖房時には足元から温める。また、人に風を当てない気流制御は、人の位置を検知して不快な温風を制御する。


 12月11日から順次発売するのは、6畳タイプから23畳タイプまで全部で9機種。市場想定価格は23万円前後から35万円前後まで。いずれも税別。